笑顔の夫婦

医療機関での診察

うつ病のチェック方法

カウンセリングをうける女性

うつ病は、自分でも気がつかないうちに病状が進行している場合があります。そのままにしておくと深刻な事態に発展し、取り返しがつかなくなります。うつ病のチェックは精神科ですることができ、早期発見と早期治療をすることが可能です。 精神科の病院は、健康保険証を使った保険診療で受診することができます。3割負担の低額な料金でうつ病をチェックすることができ、発症していた場合には、早めに処置をすることが可能です。 精神科の病院はホームページを開設しています。ホームページを閲覧すると、治療内容や医師の経歴などを確認することができます。ホームページには院内の写真も掲載されており、待合室や診察室などの院内の雰囲気がわかります。

精神科の取り組み

精神科ではストレスケアに取り組んでおり、うつ病の患者さんに対して、さまざまなサポートを行っています。うつ病復職支援リワークは、うつ病によって仕事を辞めたり休職している患者さんの職場復帰を支援する取り組みです。 認知行動療法は、臨床心理士や精神保健福祉士と医師が連携して、うつ病を克服するための取り組みです。認知行動療法を受けることによって、悪い思考パターンを改善し、深く悩んだりする習慣を断ち切ることができます。 精神科の病院では、うつ病のチェック体制の強化にも取り組んでいます。問診の際には病気チェックシートを使って、うつ病のチェックを行っています。チェックシートを使うことによって、うつ病や統合失調症などの心の病気を早期発見することができます。